中山大志

中山大志

なかやまだいし

合同会社てにをは CSO
ハーマンモデル・HBDIファシリテータ
Gallup認定ストレングスコーチ®
一般社団法人日本パートナーCFO協会認定パートナーCFO®
公益社団法人日本サウナ・スパ協会認定サウナ・スパ健康アドバイザー

1977年京都生まれ、法政大学経営学部卒業。
ベンチャー経営学を専攻後、メガバンク系金融機関の法人営業を経て、「日本の99.7%を占める中小企業経営者を支えたい」という想いで(株)帝国データバンクに転職。20代後半で社内コンサルティング部門の立ち上げ・事業化とマネジメントに注力。企業の信用調査時に浮き彫りになる経営課題に深く入り込み、打ち手の設計図を描くことを得意とし、事業承継・M&A・組織開発・営業力強化・人材育成など、幅広く支援してきた。全国を駆け回り、経営相談にのった社長の数は、4,000名にのぼる。

2008年にギランバレー症候群を発症し、寝たきりに。首から下が全く動かせない日々を送る中で、ビジネスパーソンがより自分らしく生きることの重要性を再確認。「車椅子か装具無しでは、歩けないかもしれない」という医師の宣告から、奇跡的にほぼ健常者状態に回復した後に、脳科学・心理学等、様々な自己理解のためのアセスメントや指導法を習得する。

現在は経営コンサルタントとして、主に中小企業から中堅企業に対し、「強みに気づき、活用し、自走できる企業」への変容を支援している。
問題解決だけではなく、企業の「問題再定義」からはじめられる経営コンサルタントとして活動中。難しいことをシンプルに、良いことをおもしろく、相手に受け取りやすく伝えるのが特長。

もうちょっと知りたい

MBTIのタイプは、 ENFP 。ストレングスファインダーの上位資質は、活発性・最上志向・親密性・戦略性・自己確信。影響力資質のかたまりです。ハーマンモデルは D 象限優位ですが、研修の場では、ロジカルな口調から A 象限優位にみられることも。

ギランバレー症候群による寝たきり生活を経験したことが、今の自分をつくる大きなターニングポイントだったなと思います。自分の身体が元に戻らない恐怖の中、病院の天井を見つめながら「あ~やり残したことがあるな~、あんなことにも挑戦したかったなぁ~」と無数の後悔が湧き上がってきました。その時「万が一、もう一度、自分の足で立てるようになり、仕事に復帰できたら、やり残したことは全部やろう!」と決意し、社会復帰したのが、緊急入院から 240 日後のこと。

大病をもって経験したことが、私の幸せのハードルをとても低くし、自分が世の中に価値を提供できる存在で在り続けたい、と思わせてくれる、大きなエネルギーの源となっています。
「一人でも多くの方に、自分自身が価値を提供できる存在だと実感しただき、仕事と生活を楽しむ社会」にしていくことに貢献することが、私の想いです。